ビジネスのネタ

メルカリに初めて出品する人が見落としがちな準備すべきポイント3つ

実はこの前、七つの大罪という漫画をメルカリに出品したんです。

すぐには売れないだろうと思っていたけど、なんと1日も経たずに購入して頂けたんですよ!

やったー!というのもつかの間。
発送とかどうすんだ?
ってことで、昼間は会社員として働いているぼくなので、仕事終わりとかバタバタでした…。
そんな失敗を踏まえ、ぼくが見落としていたポイントを書いていきます!
 
 

発送方法を決めておこう

 
商品を出品する際に発送方法を選択する欄が出てきます。
初めて見た時は、めっちゃ多いな!ってなりました。
発送方法はこちらからどうぞ^^
 
ぼくはその中でもらくらくメルカリ便を選択しました。
 
・販売代金の中から送料を引いてくれる
・近くにファミリーマートもあるから発送も楽そう
・なんかオススメっぽい
 
いろいろと理由はありましたが、まずは見切り発射です。
正直何が良いかなって使ってみないとわかんないですから(笑)
 
 
 

梱包材料を調達しておこう

 
これ、めっちゃ大事です。
当然なんですけど、商品だけファミリーマートに持っていって、あと宜しく!なんて無理です(笑)
梱包しないといけません!(もちろんです)
 
ぼくが購入してもらったのは、七つの大罪1-26巻セットなので、ダンボールとか絶対必要なんですよね。
けど用意してなかった。
ダンボールくらいすぐ調達できると思ってたんで。
 
だけど、スーパーへ行けどコンビニへ行けど100均へ行けど、ダンボールって売ってないんですよ!!!
いやほんとに困った。
ちなみに、ぼくは20時に仕事が終わって、そこから探し始めたのでホームセンターは営業終了してました。
 
もちろん、スーパーや薬局に行けばダンボールはもらえると思います。
だけど、漫画なのにポテトチップスとかの箱で送られてきたら、なんか気持ち悪いですよね(笑)
 
なので、ダンボールだけは事前にちゃんと用意しておいて下さい。
 

ちなみに宅配便コンパクトを利用する際はこちらを利用します。
説明は後程しますが、ちょっとしたものを送るのであれば、こちらのほうが断然送料も安くてお得です。

その他にも必要そうなものを、ささっと紹介していきます。

 

商品を衝撃から守るために必要です。

ストレス発散のためじゃ無いですよ!

ダンボール買ったのに閉められない!なんてことがないようにしておきましょう。
 
 
 

手数料、経費を気にしておこう

 
特に気をつけてほしいのは送料です。
 
送るもののサイズや重さによっても多少料金が変わってくるので、気をつけておきましょう。
 
らくらくメルカリ便に関していうと、こんな感じになっています。

小型サイズ(ネコポス)
小型~中型サイズ(宅配便コンパクト)
中型~大型サイズ(宅配便)

いくらで仕入れて、いくらで売れそうだから、まあまあ利益出るんじゃね?
という、僕みたいな楽観的な考えだと苦い思いをするかもしれません。
手数料も販売価格の10%引かれますから覚えておいてくださいね!
 
ぼくは、このあたりの数字を最初に細かく意識してなかったので、
売っても利益出ねーじゃん!!ってやつがポツポツいます(笑)
 
 

まとめ

 
初めてのメルカリへの出品はこうなりました。
 
【七つの大罪1-26巻セット】
5,000円(販売価格)-{2,160円(仕入れ)+500円(手数料)+700円(送料)+150円(箱代)}=1,490円(利益)
 
ぜひ皆さんは、もっとうまく立ち回ってくださいね!

準備が遅れれば、そのぶん買ってくれた人の手元へ届くのが遅れます。
出品する以上は責任をもって取り組んでいきましょう。