不動産投資

アキッパ(akippa)で収入を得るために必要なポイント

予約駐車場No.1の呼び声高いakippaですが、そもそもakippaで駐車場を登録して、使ってくれる人がいるのか?
と疑問を持つ方も多いと思います。

やっぱり活用するからには、より多くの人に使ってもらいたいですからね。

大前提の話ですが、akippaは無人で運用できます。
登録した駐車場の場所に、誰かがその場にいて案内をするなどは不要です。

もちろん、チラシを配ったり、現地で「ここakippaですよー!」と旗振りすることも出来ます(笑)
しかし、それらはあくまで小手先のテクニックです。

もうちょっとだけ深い部分。
そもそも駐車場で収入を得るために必要なポイントをお話したいと思います。

目次

駐車場は目的地とセット

皆さんはどこかでかける時に、

駐車場へ行こう!

となったことはあるでしょうか。

ほぼ100%ならないですよね。

目的地があるから、駐車場を利用しようとなるわけです。
目的地が無ければ駐車場を利用しようとする人もいませんので、駐車場で収入を得るというのは非常に困難です。

駐車場登録をしようと思っているorしている場所に、どれくらい目的地になるものがあるか、じっくり見渡してみるのもありかも知れませんよ。
目的地が多種多様であればあるほど、駐車場を利用したいと思っている人が集まってくるということですからね!
ちなみに、駐車場の商圏は半径200メートル圏内とよく言われています。

目的地になるもの

使うシーンや人によっても様々ですが、思いつくものを書いていきます。

・オフィス
・飲食店
・レジャー施設
・観光地
・病院
・商店街
・〇〇ドーム、〇〇スタジアム
・役所関係(市役所、税務署、裁判所…)
・大学

まだまだあると思いますが、ざっくり挙げるとこんな感じ。

利用シーンを考える時に、例えば飲食店を例にとると
・食べに来る人
・物、食材を届けに来る人
・設備の工事にくる人

と、様々な利用シーンがあることも分かりますよね。

住宅地だって需要はある

見渡す限り住宅ばっかですけど!
という場所でも大丈夫。
一定数の需要はあります。

例えば
・訪問販売の営業マン
・内装業者
・実家に帰省してくる人

などなど、他にもまだあるでしょう。

実際にぼくは訪問販売の営業をやっていたのでわかるのですが、
特に個人事業主でやっている方は、少しでも経費を抑えたいものです。

訪問販売の営業マンにとっては、住宅が目的地になるのです。

駐車場利用者が駐車場を選ぶポイント

選ぶポイントは圧倒的にこの2つです。

・料金が安いか
・目的地から近くにあるか

また、この2つは切っても切れない関係にあります。

一般的に目的地から近くて駐車料金の安い場所を探そうとしますよね。
ただ、目的地に近い=便利なので、駐車場を貸す人は、そのぶん高く料金を設定できます。

そして、料金が安い=お得な駐車場を探そうと思うと、目的地から離れた場所になります。

目的地から離れた場所で駐車場を貸す人は、料金を安くして停めてもらおうと考えるわけです。
わざわざ離れたところに停めて高い料金を払おうという人はいませんからね。

それで、
実際使ってみて、良かったな、停めやすかったなと思ってもらえれば、また利用してみよう思う人が増えていきます。

まとめ

今回はそもそも、駐車場で収入を得るために必要な観点を書きました。

ここまで色々と書いてきましたが、実際問題

どうなるでかはやってみなきゃわからない

この一言につきます。

根も葉もないなー。という声が聞こえてきそうですが、そういうもんかと。

これが、投資の面白い部分であり難しい部分でもあるのですが…。

しかし、ある程度のポイントは抑えておかなければ、何がどう良いのか、はたまたダメなのかも分からないので、大枠だけは抑えておきましょう。

akippaに関して言えば、初期費用は一切かかりません。
登録料も設備費用も全く必要ない。
スペースさえあれば、0→1にできます!

最初に出ていくお金が無ければ、やってみよう!という気も起こりますよね。

アキッパのサイトはこちらから。

個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】

akippaについては、akippa(アキッパ)なら自宅前でも簡単に不動産収入を得られる?!でも書いています。

是非、まずは小さくても堅実に駐車場収入を得られるようになってもらいたいと思います!

それでは。