書評

独立前に読むべき税金の本!税金の知識0の方必見

会社を辞めて独立するぞ!って時に直面するのが税金問題。
どんな税金があるの?
いくら払うの?
手続きはどうするの?
などなど、
独立してしまえば、知らなかったでは済まされなくなるので、最低限知識は持っておいたいですよね。
ふらっと本屋で何か良い本はないかと、ページをペラペラめくって探しているときに、本の分厚さ文字量、専門用語に圧倒される。
そして思うんですよね。
まずはざっくりした大枠から勉強させてよと…。
今回はぼくと同じように、税金なんて全く分からない!
という方が、まず最初に読んでおきたい本を厳選して2冊紹介していきます。
抵抗感がなく、気軽に読み進めることができるという点を重視して紹介していきます。
これは実際に、ぼくが会社員から独立をしようと思ったときに読んだ本でもあります。
勉強の参考にどうぞ!
目次

フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。

f:id:suke717_orange:20180203185352j:plain
この本は、色々なサイトで入門編の本として紹介されていたので、ぼくも手に取り読んでみました。
本を読むまでの印象は、
「別に節税について知りたいわけではないんだけどなぁ」
という感じ。
「申告と節税」って書いてありますからね。
この本を読んだ感想としては、
節税という要素は強く出ていない印象で、まず1冊目に読んでくれと強く推したい1冊です。
理由は2つです。

会話形式のストーリーで頭に入ってきやすい

この本は、1人のフリーランスと腹黒税理士先生の2人の登場人物がいて、会話形式で話が進んでいきます。
本の題名の通り、フリーランスの男性が税理士先生に
「〇〇の場合はどうなるんですか?」
と、質問していく形です。
ストーリー仕立てなので、頭にも入ってきやすいです。
また、ストーリー形式なので、1ページの文字量もさほど多くありません。笑
さらっとページをめくっていけるので、テンポもよく読み進められます。

専門用語を極力使わず噛み砕いた説明になっている

ぼくの税金の知識は皆無だったので、「下手に専門用語とか難しい単語を見たくない!」
と、思っていただけに、非常に助かりました。
これは、他の本を読み漁ってわかったことなんですが、勉強し始めの人が分かりにくいと思う点、まだそこまで勉強しなくていいよっていう点を、
うまく削ぎ落としてくれている感覚でした
なので、税金っておもしろいね!とさえ感じます。

注意点

税金に関してかなり噛み砕いた内容で、頭に入ってきやすいこともあり
これ1冊では税金に関してカバーできていない範囲が多い印象です
あくまで、この本を入門の一冊として読み、他の本も読んで理解していくのをオススメします!
フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金

f:id:suke717_orange:20180203190026j:plain

こちらの本は、税金のざっくりとした大枠というところから

もう1、2段階落とし込んで説明をしてくれています。

広く浅く網羅してくれているイメージです。

また、開業、独立したときに何をしないといけないかが、時間軸に沿って説明がされています。

税金に関することなので、全部やらないといけない。

でもその中で、直近で一番気にしなくてはいけないことは何なのか

ということが、自分の中で考える事ができます

独立後の自分のイメージに合わせて読むページがわかりやすい

独立、起業と一口に言っても、

・会社を設立するのかしないのか
・1人でやるのか複数でやるのか
・配偶者はいるのかいないのか

など、人によって状況は様々だと思います。

この本の良いところの一つは、ページのタイトルを見たときに

自分が読むべき内容かどうかがわかるところです。

独立後の自分の状況によって知りたいことは様々ですよね。

実際に本を手に持つとずっしり重みを感じ、説明文も長い印象をもったのですが、

意外とあっさり読めてしまったという感じです。

 

書類の書き方もついている

実際の書類と、記載する場所なども記されているため、

税金に対して無知の人からすると、

「あぁ、こういう感じの書類になるのね」と、感じることができます。

正直なところ、書き方までは頭には入ってきませんが、

後で見返そうぐらいの気持ちで読むことができます。

実際のものを見ることでイメージができるので、内容としては有難いです。

開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続・

開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続・

まとめ

今回は

「フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。」

「開業から1年目までの個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金」

こちらの2冊を紹介しました。

正直今でも、本の表紙にでかでかと「確定申告」って書いてある本は、手に取ることを躊躇してしまします…。

ぼくとしては、独立ならば独立したときになって初めて気が付けることもあると思っているので、

全部が全部を把握するというよりかは、

「たしかこう動けばいいんだっけな」というのを思い返せるように意識をしています。

そう思うための本として、今回紹介した2冊はオススメしたいですね!

今後も、自分が読んだ本の中から読みやすい税金の本が出てきたら随時更新していきます。

それでは。