不動産投資

CREAL(クリアル)の評判!大注目の不動産投資型クラウドファンディングを解説

CREAL(クリアル)評判

2018年12月にサービス開始した、大注目のCREAL(クリアル)の評判やサービスの特徴を徹底解説していきます。

サービス開始してから間もないだけに、優良サービスなのか判断も難しいところ。

賛否両論ありますが、ぼくの結論としては、CREAL(クリアル)は他サービスと併用することで最大限の効果を発揮できると考えています。

その理由を解説していきますね。

CREAL(クリアル)は不動産投資型クラウドファンディング

CREAL(クリアル)は不動産に特化したクラウドファンディングです。

投資方法は単純で、投資したい案件に資金を投入して配当を得ます。
途中の面倒な手続きは、CREAL(クリアル)側が全て対応してくれるので、投資をしたら配当が入るのを待つだけとなります。

サクッと概要だけ知りたい場合は、公式の2分の動画を見るだけでも特徴がつかめます。

CREAL(クリアル)の特徴|ここがすごい!

CREAL(クリアル)の特徴をまとめると以下のようになります。

CREAL(クリアル)の特徴

  • 投資物件の情報が詳細
  • 運用期間が短く流動性が高い
  • 1万円から投資可能&毎月配当
  • 優先・劣後方式で安定的なリターン
  • マスターリース契約で実質賃料保証

投資物件の情報が詳細

CREAL(クリアル)は投資物件に対する情報がとにかく詳細に公開しています。
実際の物件を動画でも紹介してくれているんですよ!

もちろん、物件の周辺情報や、運用スケジュール、資金の使用用途、リスク要因など様々な情報を見ることができます。

しかも図解付きで解説してくれます!

不動産投資って、難しい文章がつらつら並んでいるイメージが多少ありますので、図解はとても助かります。

投資物件の詳細情報は、2分ほどで終わる無料会員登録を済ませると見れるようになります。
CREAL(クリアル)物件詳細

ちょうど赤枠で囲った部分が解除されて、詳細情報をずらーっと見ることができます。

会員登録はメールアドレスとパスワード設定するだけでOKです。
投資案件を判断するうえでも会員登録は必須なので、しなきゃ損ですよ!

運用期間が短く流動性が高い

CREAL(クリアル)の投資案件は、最初のホテル案件を除き、全てが12ヶ月以内の運用期間です。

投資案件は、マンション1室に対するものが多いですが、ホテル案件や保育所案件など、独特な案件も公開されています。

運用期間が短いほど、景気変動や周辺の環境変化のリスクを減らせるので評価ポイント!

1万円から投資可能&毎月配当

CREAL(クリアル)は、1万円から投資ができるので、最初にまとまった資金がなくても投資ができます。

毎月の給料から少しずつ投資に回すなんてこともOKなんですね。

しかも、毎月配当が入るので、目に見えて投資をしていることを実感することができます。

優先・劣後方式で安定的なリターン

CREAL(クリアル)では、優先・劣後方式というものを採用しています。

優先・劣後方式とは

簡単に言ってしまえば、「元本割れなどの損失が生じた場合、投資家よりもCREAL(クリアル)が優先的に損失分を負担する」という方式です。

全ての損失をCREAL(クリアル)が負担してくれるわけではありませんが、投資家の元本割れのリスクをかなり抑えてくれています。

マスターリース契約で実質賃料保証

クリアル マスターリース

マスターリース契約とは

転貸をすることを前提として一括で賃貸する契約で、物件の稼働率にかかわらず一定の賃料をオーナーに支払う必要があります。

CREAL(クリアル)は、「ブリッジ・シー・キャピタル」が運営会社です。
ブリッジ・シー・キャピタルが、子会社であるブリッジ・シー・エステートとマスターリース契約をしております。

それにより、実質的な賃料保証が可能となっております。

そのため万が一、投資した案件にテナントが入らずに空室が続いたとしても、投資家への配当は実質保証されることとなります。

優先・劣後方式といい、投資家へのリスクヘッジが整備されていますので、投資する側としては安心度が高いですね!

CREAL(クリアル)の利回り・手数料を比較

  • CREAL(クリアル)の利回りは3%~
  • あくまで安全重視の案件を厳選

CREAL(クリアル)の利回りは3%~とされております。
OwnersBook(オーナーズブック)が4~6%ですから、不動産特化で見ると利回りは低めでしょう。

ただ、いま募集が行われている案件を見てみると、4%前後となっておりますので、堅実な投資ができると考えてよいですね。

  • CREAL(クリアル)は、他サービスと同様に口座の開設費用や維持手数料は一切かかりません。

負担しなければいけない手数料は、口座入金時の振込手数料と、口座からの払い戻し手数料のみです。

CREAL(クリアル)で投資家登録したときに投資用の口座も一緒に作られます。
案件に投資する際は、投資口座に資金を入金したのち、投資実行が可能になります。

毎月の配当も投資口座に入金されることとなりますよ!

払い戻し手数料は以下の通りで、楽天銀行の口座を持っている方はとても都合よくCREAL(クリアル)で投資をすることができます。

口座が楽天銀行の場合

  • 一律51円(税込)

口座が楽天銀行以外の場合

  • 払戻金額が3万円未満の場合:165円(税込)
  • 払戻金額が3万円以上の場合:258円(税込)

払戻をしすぎると、手数料がかかってしまい運用した意味がなくなってしまいます。
投資口座からの払戻はできるだけ避けるようにしましょう。

CREAL(クリアル)のネット上の評判口コミ

ネット上のCREAL(クリアル)の評判口コミを集めてみました。

期待度の高さからか、無料だからどりあえず投資家登録をしておくという風潮が強い印象です。

前向きな口コミがほとんどです!

  • 1分以内で満額成立してしまい投資できず。
  • CREALみたいな透明性があり、リスクが低い方がいい。
  • CREALはこれから償還実績が増えれば、投資金額を上げていきたい!
  • 気軽に投資したいという方にはピッタリ。
  • ソーシャルレンディングと違って投資先がわかりやすい。

人気すぎて募集が殺到し、投資ができないということがありますので、投資案件の募集日時は要チェックですね。

CREAL(クリアル)の始め方|口座開設手順まとめ

CREAL(クリアル)口座開設

CREAL(クリアル)の口座開設の手順は大きく3ステップです。

■会員登録(無料)
メールアドレスとパスワードを設定することで会員登録が完了しますのでとても簡単です。
2分もあれば登録できます。

■投資家登録(無料)
本人情報(氏名、住所、電話番号等)と本人確認書類のアップロードを行います。
投資家申請まで5分ほどで完了できる作業量です。

投資家登録は、本人情報を入力後、3~5営業日後に届く書留ハガキを受け取ることで完了します。
情報を入力してすぐに投資家登録できるわけではありませんので、良い案件を逃さないためにも早めの登録をしておきましょう。

■口座開設&投資申込
投資家登録が完了すると、専用の投資口座が作られます。
投資実行や、配当などはすべて投資口座でやり取りされますので、投資資金を投資口座に入金しておきましょう。

口座開設方法の詳しいやり方はこちらの記事をご覧ください。

CREAL(クリアル)の退会方法

CREAL(クリアル)の退会方法はとても簡単で、サイト上ですべて完結しますし、書類の提出など面倒な手続きもありません。

ただし、CREAL(クリアル)の退会には2つだけ条件があります。

CREAL(クリアル)退会の条件

  • 運用中の案件がない
  • 投資口座に資金が残っていない

上記の2つの条件を満たしていれば、退会は簡単に済みます。

投資案件の運用が終わり、配当や元本が戻ってきた後、投資口座から全ての資金を払戻すことで退会できますので、退会を視野に入れている方は案件の運用期間にも注意しましょう。

CREAL(クリアル)のお得キャンペーン情報

CREAL(クリアル)では、現時点でキャンペーン等は行っておりません。

過去には、こんなお得なキャンペーンが開催されていました。

  • 投資申込額が10万円以上で1%、30万円以上で2%利回りがUP
  • 投資家登録で1000円プレゼント
  • 3投資申込額が30万円以上の方を対象に、申込額の1%をプレゼント

そのほか、一番最初の投資案件であるホテル案件は、優待ファンドという形をとっていました。
これは他社にはないので、非常におもしろい試みでした!
CREAL(クリアル)優待ファンド

ホテル案件の運用期間は2年間ですので、その期間ずっと宿泊代10%offで利用できる優待となっておりました。

今後もこういった案件が出る可能性は十分ありそうですね!

CREAL(クリアル)の投資方法

投資家登録が完了すればいよいよ案件への投資開始です。

最近は20時から投資案件の募集が行われていますので、会社員でも比較的投資がしやすい時間ですね。

さて、CREAL(クリアル)の投資方法ですが、いたってシンブルです。

CREAL(クリアル)の投資方法

  • 契約成立前交付書面を確認
  • 投資額を入力して投資実行

以上で投資が完了しますので、あとは運用が始まるのを待ち、配当が入るのを待つだけです。

投資実行のたびに面倒な手続きがあるわけではないので安心してください。

CREAL(クリアル)のリスクは未知数

運営期間が短い点が懸念点

CREAL(クリアル)でリスクとなる点を挙げるとすれば、CREAL(クリアル)の運営自体が期間が浅い点です。

現状、貸し倒れや配当の支払い遅延などは起こっていませんが、運営期間が長くなればどうなるかはわかりません。

ただ、マスターリース契約や劣後出資など、投資家の安全を確保する仕組みは整備されているので、その点は安心できます。

リスクを懸念するなら

運営実績も確かなOwnersBook(オーナーズブック)がおすすめ!

2014年9月からサービスを開始して以来、貸し倒れなど大きなトラブルなし。
利回り4~6%の不動産ソーシャルレンディングです。

オーナーズブックの概要はこちらの記事で紹介していますのでどうぞ。
オーナーズブックの詳細ページ

投資案件の募集金額が小さい

CREAL(クリアル)はワンルームマンションの1室を対象とした投資案件が多いため、募集金額が2000万円前後と小さめな規模になります。

そもそもCREAL(クリアル)が人気ということもありますが、2000万円規模の案件であれば、募集開始から10分も経たずに終了します。

クリック合戦になることが大いに予想されるため、人気すぎて投資ができないというリスクは考えられます。

CREAL(クリアル)の評判まとめ

CREAL(クリアル)は不動産特化のクラウドファンディングです。

利回りも3%~と堅実な投資ができ、投資家の元本を守る仕組みをしっかりと整備されています。

運営期間はまだまだ浅いですが、投資案件の情報もこと細かく公開されていますので、投資に低リスクを求めるのであればオススメです。

投資家登録完了までには3~5営業日はかかりますので、チャンスを逃さないためにも登録を済ませておきましょう!